製品情報
Product Information

高泡防止機

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. 高泡防止機

高泡防止機図1 高泡防止機図2 高泡防止機図3

仕様

名称 標準型 強力型
重量 9.4kg 9.4kg
モーター 単相100V 100W 単相100V 200W
回転数 (50Hz) 150 rpm 300 rpm
(60Hz) 180 rpm 360 rpm
シャフトの長さ 365(mm) 365(mm)
回転線の 太さ 4mm × 3本 4mm × 4本
長さ 450mm 300mm

特徴

※軽量化を重視…小型、軽量化を図り、従来品と比べ2割軽くなり片手での持ち運びが十分楽になりました。
※泡防止の向上…作業能率が一段と向上しました。
※耐久性の向上…全閉外扇モーターの採用により耐久性が非常に長くなりました。
※使い易さを考慮…単相モーターですので電灯線の電源で利用できます。
※粘性の高い泡防止も可能…単相200V 1/5減速モーター採用により従来の泡防止機で不可能だった泡も処理できます。
※運転時の音が静かです。

高泡防止機使用例 高泡防止機羽根

据付準備

(1)縦1寸5分、横1寸、長さ7尺(タンクの直径による)位の、角材を2本用意して下さい。
(2)角材の適当な位置(中央部付近)に取付穴を明け、備付けのボルトで機械を固定して下さい。
(3)廻転線を下図の様に曲げて下さい。
(4)本体に廻転線のついたシャフトをねじ込み、セットをして下さい。

据付位置、及び操作方法

(1)タンク上の機械の位置は、中央の方が良いと思われますが、少々端によっても差し支えありません。
(2)モーターは、単相100Vですから家庭用電源に連結して運転して下さい。

注意

(1)本機は1台を備え高泡発生のタンクを次々に消していくものではなく、数台備えて頂き最盛のタンクに移動して貰うものです。
(2)普通の泡の発生の時は、廻転部の上へは泡はあがりません。
(3)特殊の泡で、1台では防ぎきれない時は2台使用して下さい。
(4)廻転線が下図の様に曲がっていないと、泡が散ることがあります。

高泡防止機梱包時 高泡防止機シャフト羽根
高泡防止機取付図

トップへページトップへ